一見敬語を使っているようで実は正しくなかったり、逆に相手に対して失礼な言い回しになっている事もあります。ここで正しい敬語の使い方を身につけましょう! 

× お客様が10時に参られる予定です。
 お客様が10時にいらっしゃる(お見えになる)予定です。
*「参る」は謙譲語ですのでお客様を指す場合は不適切です。
 
× 商品はこちらでよろしかったでしょうか。
 商品はこちらでよろしいでしょうか。
*これは最近多い間違いです。現在の事を過去形にして伝えないように注意しましょう。
× 先生がさっきそうおっしゃられました。
 先生がさっきそうおっしゃいました。
*一見正しいように見えますが、「おっしゃられる」は「おっしゃる」と「られる」という二つの敬語を含んでいます。これは二重敬語と言って誤った使い方です。
 
× (自分の上司を指して)田中部長は外出されています。
 (自分の上司を指して)只今田中は外出しております。
*普段は上司に対して尊敬語を使っていても、外部の方に対しては謙譲語にして使います。
 
× (上司に対して)ご苦労様です。
 (上司に対して)お疲れ様でした。
*「ご苦労様」は目上の人が目下の人に使う表現です。
 
 すいませんがもう一度見せていただけないでしょうか?
 恐れ入りますがもう一度見せていただけないでしょうか。
*「すいません」「すみません」を「恐れ入ります」と表現するとより丁寧に感じられます。
× お名前の方は?
 お名前をお伺いいたします。
*「~の方は」というのはよくファミリーレストランやコンビニで使われる間違った言葉遣いです。
× 1000円からお預かりいたします。
 1000円、お預かりいたします。
*これもよくファミリーレストランやコンビニで使われる間違った言葉遣いです。
× こちらが航空券になります。
 こちらが航空券でございます。
*「~になる」という表現は、「~に成る」という場合以外には使わないようにしましょう。


マナー辞典http://www.j-manner.com/